鳩やネズミが害になることもある~獣からしゅびっと守備~

発生するトラブル

健康的な女性

日中あまり家にいる時間が少ないと、あまり家の変化に気付きにくいことがあります。しかし何となく屋根裏にゴソゴソと生き物が動く気配を感じたり、さらには部屋を開けた途端かなりの悪臭が感じられるようなら、ハクビシンの被害に遭っているかもしれません。ハクビシンは害獣の中でもかなり大型の部類になり、大きな爪を持っているので、住まいに傷をつけてしまうことがよくあります。また糞尿によるによるニオイやの身やダニの発生によって、生活環境を大幅に悪化させられてしまうこともあります。屋根裏にまさかハクビシンが入り込んでいるとは思えず、他の生き物と当初は思っているかもしれません。それでも被害をなくす対策をはじめることからはじめなければなりません。

害獣の駆除業者に依頼をすることで、屋根裏の状態を確認してもらい、ハクビシンの捕獲のための対策が検討されることになります。捕獲の対策が決まっていない段階では本来必要となる費用はわからないはずです。捕獲の対策ができた段階で見積もりを受け取るようにするといいでしょう。ハクビシンはかなり大型の害獣ですし、都市部にいたとしても野生生活をしていることには変わりはありません。危険が迫ったと感じたときに全力で向かってくる可能性もあります。そもそもハクビシンの捕獲には鳥獣保護法の関係もありますから、なかなか勝手に自分で捕獲するということはできません。専門の業者に任せて、対策をしてもらい、今後改めて住まいに侵入されるようなことのないようにもしておきたいものです。