鳩やネズミが害になることもある~獣からしゅびっと守備~

蜂の退治方法

水

昨今の猛暑日が続く真夏の気候は、蜂の動きを活性化させるといった現象を引き起こしてもいます。その結果として、自宅の周辺に蜂の巣が作られてしまうといった被害の発生件数が増加傾向にあるのです。こういった被害に遭遇してしまった際、蜂退治を行なうことに決めた際に注意したいのが、蜂退治のために蜂の巣に近づくという行為は、蜂に刺されてしまうリスクを最も高くする行為だという点です。蜂の中には、最悪のケースでは死に至る可能性を秘めた毒を有しているスズメバチのような蜂もいるため、蜂退治を個人で行なおうとして、不用意に巣に近づくといったことは行わないようにしておくといいでしょう。害虫駆除業者のような専門業者に依頼をするのが一番なのです。

また蜂の巣を取り除く必要性があるのか否かを判断することも重要なポイントとなっています。先にも挙げたように、刺されることによって命を落とす可能性があるスズメバチの巣に関しては、一刻も早く蜂の巣を取り除く必要があります。しかし、その他の蜂に関しては、その必要性がさほど高くないケースが多いのです。これは、攻撃性が高い種が少ないためであり、季節は変わることによって巣が空になり、再利用されることが少ない種が多いためであり、また万が一刺されても痛いだけで済む種が多くなっているためです。そのため、蜂退治を実施する必要があるのは、刺されるリスクが高くあり、その刺された結果が深刻な事態を引き起こす可能性がある場合だけにしておくのもオススメとなっているのです。